Photoshopで写真をデュオトーンに加工する

Photoshopでデュオトーンのチュートリアルをやってみたので、その様子を載せます。

加工前の写真

今回使用する写真です。この写真にデュオトーンエフェクトを設定します。

デュオトーン
2色(Duo)の色合い(Tone)から構成されたデザイン。コントラストがはっきりとした写真や被写体が明確な写真を使用して、補色関係の2色を選ぶとデザインが際立つ。

加工前の写真

デュオトーンエフェクトの作成

上部メニューから「レイヤー > 新規調整レイヤー > 白黒」を選択します。

白黒
カラー画像をグレースケールに変換する。色別に変換方法を指定することも可能。画像にカラーの色調を適用してグレースケールをセピア色などに見せることもできる。

白黒

次に「レイヤー > 新規調整レイヤー > グラデーションマップ」を選択します。

グラデーションマップ
調整レイヤーの一種で画像の階調(グレースケール)に応じて色を付けることができる。写真本来の色を変えずに、色のフィルターを写真に適用するため、さまざまな加工をしても元の状態にすぐに復元したり、あとから何度でも調整することができる。

グラデーション

「グラデーションマップ」の調整レイヤーを右クリックして「色調補正を編集」を選択します。

色調補正を編集

「属性」タブでグラデーション部分をクリックして、グラデーションを編集します。

グラデーションを編集

左側の色から設定していきます。
グラデーションエディタの左端の四角(カラー分岐点)を選択して「カラー」をクリックします。

グラデーションエディタ
既存のグラデーションのコピーを変更して新しいグラデーションを定義する。また、中間カラーをグラデーションに追加して、2色以上のカラーをブレンドすることも可能。

左側の色設定

今回は、左側の色を「#b43093」に設定しました。

左側の色設定

右側の色も同様に設定します。

グラデーションエディタの右端の四角(カラー分岐点)を選択して「カラー」をクリックします。
右側の色は「#91d2e7」に設定しました。

右側の色設定

「カラー分岐点」の位置を調整します。
下図では右側の「カラー分岐点」を「82%」の位置まで移動させています。

分岐点の位置調整

以上で今回のチュートリアルは終了です。
写真をピンクと青のデュオトーンに加工できました。

sample_jpg

参考ページ

以下のリンクから今回行ったチュートリアルのページに移動できます。

How to Create the Popular Duotone Effect in Photoshop

タイトルとURLをコピーしました