WebDesign

Cubism SDK for Web

Vue+Cubism SDK for Web で「しりとり」

Vue.js、kuromoji.js、Cubism SDK for Webを使用して「しりとり」のアプリケーションを作ってみました。この記事では「しりとり」とLive2Dモデルのアニメーションを連動させるまでの過程を紹介しています。
Cubism SDK for Web

Cubism 4 SDK for Web の開発環境を構築

Live2DをWebブラウザで動作させる Cubism 4 SDK for Web の開発環境を構築する作業を行います。この記事では Cubism 4 SDK for Web R1、Visual Studio Code、Node.js を導入して、サンプルデモを表示するまでの手順を紹介しています。
Cubism SDK for Web

Chatterbot+Cubismで会話をしてみる

この記事ではLive2D Cubism3SDK for WebのモデルをChatterbot(機械学習ベースの簡易的な対話エンジン)のボディとして実装するまでの過程を紹介しています。
スポンサーリンク
Cubism SDK for Web

Vue+Flask+Cubismで手書き数字を認識する

この記事では、手書き数字の判定結果をCubism SDK for Webに渡して、Live2Dのモデルを動かすまでの手順を紹介しています。
Cubism SDK for Web

Vue+Flask+CubismWebでアヤメの分類を行う

機械学習のライブラリ「scikit-learn」を使用したアヤメの分類結果を Cubism SDK for Web に渡して、Live2Dのモデルを動かすことを試みています。
Cubism SDK for Web

CubismWebでモーショングループを追加する

Cubism SDK for Webにモーショングループを追加して、任意のタイミングでモーションを再生することを試みています。
Cubism SDK for Web

Cubism SDK for Web を使ってみる

この記事では Cubism SDK for Web の基本的な動作(モデルの表示とアニメーション)について確認しています。
anime.js

anime.jsでstaggerを使ってみる

アニメーションのライブラリanime.jsのv3.0で追加されたStaggering animationsについて紹介しています。
Cubism SDK for JavaScript

Vue.jsとCubismJsで数字当て

この記事ではCubism SDK for JavaScriptとVue.jsを使用して、数字当てを行うモデルを作成します。現在はCubism SDK for Webに移行しているため、あくまでも参考程度に留めてください。
Cubism SDK for JavaScript

文字数を利用したリップシンクの生成

この記事ではCubism SDK for JavaScriptで、台詞の文字数からリップシンクを生成することを試みています。現在はCubism SDK for Webに移行しているため、あくまでも参考程度に留めてください。
Cubism SDK for JavaScript

Vue.jsとCubismJsで会話機能を実装する

この記事ではVue.jsとCubism SDK for JavaScriptを使用して、簡単な会話機能を実装する作業を行います。現在はCubism SDK for Webに移行しているため、あくまでも参考程度に留めてください。
animate.css

animate.cssでホバーエフェクトを実装する

このページでは、CSSのライブラリ「animate.css」を使用して、カーソルが重なったときのアニメーション(ホバーエフェクト)を実装する手順を紹介しています。
スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました