Live2D

Unity+Live2D

Premiere Rushで動画に字幕やBGMを加える

動画編集ツール Adobe Premiere Rush を使用して、オープニングの映像や字幕、BGMを追加する作業を行いました。この記事では使用したテンプレートやエフェクト、編集手順などを紹介しています。
Live2Dの機能

Live2Dモデルの販売を開始しました

Live2Dの公式マーケットnizima(にじま)にてLive2Dモデルの販売を開始しました。
Unity+Live2D

Unity 2D Shooting WebGL版

以前の記事で作成したUnityの横スクロール2Dシューティングをアップデートしました。キャラやステージを追加したので、まあまあゲームらしくなってきたかと思います。
スポンサーリンク
Unity+Live2D

CoeFont STUDIOでナレーション音声を入れてみる

CoeFont STUDIOという無料のWeb音声合成サービスを利用してみました。この記事では、CoeFont STUDIOでナレーション音声を生成するところから、動画に入れるまでの手順を紹介しています。
顔の動き

Live2Dで髪を動かす

この記事では、Live2Dで髪を動かすパラメータを作成するまでの流れを紹介しています。髪を動かす際の軌道に焦点を当ててパラメータの作成を行いました。
顔の動き

Live2Dで顔に動きをつける【Part2】

Live2Dで顔の向きを変化させるような割と難しいパラメータを作成する場合には、参考になるイラストがあると作業が捗ります。この記事では、左、上、正面の3方向に顔を動かすパラメータを作成する様子を紹介しています。
体の動き

Live2Dで衣装がなびく動きを作成する

Live2Dで衣装がなびくアニメーションを作成する作業を行いました。波送りのアニメーションは難しいです。
Unity+Live2D

MotionGraphicsの構成要素を学ぶ【Part2】

モーショングラフィックスの構成要素(動き)を実際に作成しながら学習を進めています。今回はフラクタルノイズと波の要素をピクトグラムのアニメーションに加える作業を行います。
Unity+Live2D

MotionGraphicsの構成要素を学ぶ

モーショングラフィックスは、回転、変形、移動、拡縮など様々な要素(動き)で構成されています。この記事ではTiler(オフセット・回転系)とGlow(ブラー・光系)を使用した映像を作成します。
Unity+Live2D

モーショングラフィックスの練習

この記事ではモーショングラフィックス(図形やテキスト、イラストなどに動きや音を加えたもの)の基本的な要素Easing、TrimLine、LineWeight、Move、Scale、Blindを組み合わせて、オープニングの映像を作成するまでの過程を紹介しています。
Unity+Live2D

AviUtlでゲーム配信風の動画を作ってみる

この記事では Live2D のアバターの使用例として、ゲーム配信風の動画を作成するまでの過程を紹介しています。
体の動き

Live2Dで体の動きXを作成

この記事では、斜め右を向いているLive2Dのモデルを正面方向に動かすパラメータについて紹介しています。
スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました