Unity+Live2D

Unity+Live2D

MotionGraphicsの構成要素を学ぶ【Part2】

モーショングラフィックスの構成要素(動き)を実際に作成しながら学習を進めています。今回はフラクタルノイズと波の要素をピクトグラムのアニメーションに加える作業を行います。
Unity+Live2D

MotionGraphicsの構成要素を学ぶ

モーショングラフィックスは、回転、変形、移動、拡縮など様々な要素(動き)で構成されています。この記事ではTiler(オフセット・回転系)とGlow(ブラー・光系)を使用した映像を作成します。
Unity+Live2D

モーショングラフィックスの練習

この記事ではモーショングラフィックス(図形やテキスト、イラストなどに動きや音を加えたもの)の基本的な要素Easing、TrimLine、LineWeight、Move、Scale、Blindを組み合わせて、オープニングの映像を作成するまでの過程を紹介しています。
Unity+Live2D

AviUtlでゲーム配信風の動画を作ってみる

この記事では Live2D のアバターの使用例として、ゲーム配信風の動画を作成するまでの過程を紹介しています。
Unity+Live2D

2DSTGにLive2Dのモデルを組み込んでみる

この記事ではLive2DのモデルをUnityの2Dシューティングゲームに組み込むまでの制作過程を紹介しています。WebGLでビルドしたサンプルも用意してあるので、PC環境の方は遊んでみてください。
Unity+Live2D

[Unity+Live2D]コントローラーを持たせる

この記事ではLive2Dのアバターにコントローラーを持たせて、指の動きのパラメータを作成する過程を紹介しています。
Unity+Live2D

[Unity+Live2D]UnityRawInputの設定

この記事ではUnityでバックグラウンド動作時のキー入力を取得するUnityRawInputについて紹介しています。このスクリプトを導入することで、非アクティブ時のアバターにキー入力を渡すことができます。
Unity+Live2D

UnityでLive2Dのアバターを作ってみる

この記事ではCubism SDK for Unityを使用して、プレイヤーのキー入力に応じてアニメーションするアバターを作成する手順を紹介しています。
Unity+Live2D

Cubism SDK for Unityを使ってみる

この記事ではゲームエンジンUnityでLive2Dモデルを動かすCubism SDK for Unityを導入する手順を紹介しています。導入後はまばたきや呼吸などの基本的なスクリプトを設定するチュートリアルを進めます。
スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました