顔の動き

Live2Dで顔に動きをつける【Part2】

Live2Dで顔の向きを変化させるような割と難しいパラメータを作成する場合には、参考になるイラストがあると作業が捗ります。この記事では、左、上、正面の3方向に顔を動かすパラメータを作成する様子を紹介しています。
体の動き

Live2Dで衣装がなびく動きを作成する

Live2Dで衣装がなびくアニメーションを作成する作業を行いました。波送りのアニメーションは難しいです。
Cubism SDK for Web

Vue+Cubism SDK for Web で「しりとり」

Vue.js、kuromoji.js、Cubism SDK for Webを使用して「しりとり」のアプリケーションを作ってみました。この記事では「しりとり」とLive2Dモデルのアニメーションを連動させるまでの過程を紹介しています。
スポンサーリンク
Cubism SDK for Web

Cubism 4 SDK for Web の開発環境を構築

Live2DをWebブラウザで動作させる Cubism 4 SDK for Web の開発環境を構築する作業を行います。この記事では Cubism 4 SDK for Web R1、Visual Studio Code、Node.js を導入して、サンプルデモを表示するまでの手順を紹介しています。
Unity+Live2D

MotionGraphicsの構成要素を学ぶ【Part2】

モーショングラフィックスの構成要素(動き)を実際に作成しながら学習を進めています。今回はフラクタルノイズと波の要素をピクトグラムのアニメーションに加える作業を行います。
Unity+Live2D

MotionGraphicsの構成要素を学ぶ

モーショングラフィックスは、回転、変形、移動、拡縮など様々な要素(動き)で構成されています。この記事ではTiler(オフセット・回転系)とGlow(ブラー・光系)を使用した映像を作成します。
Unity+Live2D

モーショングラフィックスの練習

この記事ではモーショングラフィックス(図形やテキスト、イラストなどに動きや音を加えたもの)の基本的な要素Easing、TrimLine、LineWeight、Move、Scale、Blindを組み合わせて、オープニングの映像を作成するまでの過程を紹介しています。
Unity+Live2D

AviUtlでゲーム配信風の動画を作ってみる

この記事では Live2D のアバターの使用例として、ゲーム配信風の動画を作成するまでの過程を紹介しています。
チュートリアル

Photoshopで色を変更する

この記事では対象の色を変更するチュートリアルを紹介しています。対象の質感(陰影など)を維持した状態で、色だけを変更したいときなどに有効な方法です。
チュートリアル

Photoshopで空を置き換える

この記事ではカラーチャンネルを利用して、写真の空を置き換えるPhotoshopのチュートリアルを紹介しています。
体の動き

Live2Dで体の動きXを作成

この記事では、斜め右を向いているLive2Dのモデルを正面方向に動かすパラメータについて紹介しています。
顔の動き

Live2Dで顔の動きXとYを作成

この記事では、Live2Dで顔の動きを作成するにあたって、予め参考となる画像(正面を向いている画像や、上を向いている画像など)を用意して、それを基に顔を動かすパラメータを作成する様子を紹介しています。
スポンサーリンク