体の動き

Live2Dで体の動きXを作成

この記事では、斜め右を向いているLive2Dのモデルを正面方向に動かすパラメータについて紹介しています。
顔の動き

Live2Dで顔の動きXとYを作成

この記事では、Live2Dで顔の動きを作成するにあたって、予め参考となる画像(正面を向いている画像や、上を向いている画像など)を用意して、それを基に顔を動かすパラメータを作成する様子を紹介しています。
Unity+Live2D

2DSTGにLive2Dのモデルを組み込んでみる

この記事ではLive2DのモデルをUnityの2Dシューティングゲームに組み込むまでの制作過程を紹介しています。WebGLでビルドしたサンプルも用意してあるので、PC環境の方は遊んでみてください。
スポンサーリンク
Photoshopの機能

写真とイラストを組み合わせる【アニメ風】

この記事では Photoshop で写真をアニメ風の背景に加工して、イラストと組み合わせるまでの手順を紹介しています。
Photoshopの機能

グラデーションのプリセットを試してみる

この記事では Photoshop のメジャーアップデート(v21.0)で追加されたグラデーションのプリセットについて紹介しています。
色々なフィルタ

Photoshopで色々なモノクロ加工

この記事では「色調補正」と「Camera Rawフィルター」の2通りの手順で行うモノクロ加工について紹介しています。
色々なフィルタ

Camera Rawフィルタで写真を補正する

この記事では Photoshop の機能「Camera Rawフィルター」を使った写真の補正について紹介しています。プリセットを適用するだけで簡単にビビッドやマット、クールなどの補正を行うことができます。
Live2Dの機能

Cubism 4.0 の新機能 [拡張補間とマスク]

この記事ではLive2D Cubism4.0で追加された機能の中から、拡張補間とマスクの反転について紹介しています。髪や服などのアニメーションを自然な動きにしたいとき等に有効な機能です。
Live2Dの機能

Live2D Cubism 4.0 の新機能を使ってみる

この記事ではLive2D Cubism4.0で追加された機能の中から、アートパスについて紹介しています。アートパスで描画した線は色、幅、不透明度等を調整することができるので、輪郭線の他にも、モーショングラフィックスのような感じで使用することができます。
Unity+Live2D

[Unity+Live2D]コントローラーを持たせる

この記事ではLive2Dのアバターにコントローラーを持たせて、指の動きのパラメータを作成する過程を紹介しています。
Unity+Live2D

[Unity+Live2D]UnityRawInputの設定

この記事ではUnityでバックグラウンド動作時のキー入力を取得するUnityRawInputについて紹介しています。このスクリプトを導入することで、非アクティブ時のアバターにキー入力を渡すことができます。
Unity+Live2D

UnityでLive2Dのアバターを作ってみる

この記事ではCubism SDK for Unityを使用して、プレイヤーのキー入力に応じてアニメーションするアバターを作成する手順を紹介しています。
スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました