Live2Dで口の形「あいうえお」を作成

前回の記事で口を開ける際のパラメータが作成できたので、今回は「あいうえお」の口の形を作ってみます。

Live2Dで口の開閉を実装する
この記事では、Live2Dでモデルの口を開閉するパラメータを作成する手順について紹介しています。

口が変形する際のパラメータについては、Live2Dのフォーラムに載っていた情報を参考にしました。

使用するイラスト

今回の作業で使用するイラストです。

使用するイラスト
© Unity Technologies Japan/UCL

イラストの加工

口の形「い」をつくる際に歯を動かしたいので、イラストを加工します。使用するソフトはPhotoshopです。
上の歯は最初から描かれているものを分離させました。

歯を選択範囲で囲って「選択範囲をカットしたレイヤー」を作成。

パーツ分け:歯

上の歯を複製して、垂直方向に反転させたものを下の歯としました。

「歯 上」レイヤーを複製して「自由変形」で回転。

歯の複製

パラメータの作成

「あいうえお」の口の形を作るために、パラメータ「口 開閉」に4点のキー、パラメータ「口 変形」に3点のキーを追加します。最終的に2つのパラメータを結合するので、口の形状は4 × 3で 12パターン 設定することができます。

1. パラメータ「口 変形」の値:1.0

パラメータ「口 変形」の値が 1.0 の時の「口 開閉」の4点[-1.0 , -0.3 , 0.3 , 1.0]を作成します。
口の形状はパーツ(上唇・下唇・歯上・歯下・口)のアートメッシュを直接編集して作成しています。

ここからはパーツ「下唇」のアートメッシュを例にして、口 開閉のパラメータ4点の形状を紹介します。

[口 変形]の値が 1.0 の時に[口 開閉]の4点に設定する口の形
-1.0:デフォルト(口が閉じた状態)
-0.3:口の形「い」
 0.3:口の形「え」
 1.0:口の形「あ」(前回記事で作成したパラメータ)

口の変形「い・え・あ」

2. パラメータ「口 変形」の値:0.0

パラメータ「口 変形」の値が 0.0 の時の「口 開閉」の4点[-1.0 , -0.3 , 0.3 , 1.0]を作成します。
下図「う」の形状のときに下唇を右側に大きく変形させているのは、開いている状態の口を隠すためです。

[口 変形]の値が 0.0 の時に[口 開閉]の4点に設定する口の形
-1.0:デフォルトから口の幅を狭める(口が閉じた状態)
-0.3:口の形「う」
 0.3:口の形「う」と「お」の中間
 1.0:口の形「お」

口の変形「う・お」

3. パラメータ「口 変形」の値:-1.0

パラメータ「口 変形」の値が -1.0 の時の「口 開閉」の4点[-1.0 , -0.3 , 0.3 , 1.0]を作成します。
口の形「う:0.3」と「い:1.0」は上記1.と2.で作成した形と同じなので、Live2DのPro版の場合は上部メニューから「モデリング > 形状の編集 > 形状をコピー」と「形状を貼り付け」で作成できます。

[口 変形]の値が -1.0 の時に[口 開閉]の4点に設定する口の形
-1.0:デフォルトからさらに口の幅を狭める(口閉じ)
-0.3:口の形「あわわ」
 0.3:口の形「う」(上記2.の-0.3と同じ)
 1.0:口の形「い」(上記1.の-0.3と同じ)

口の変形「う・い」

パラメータの結合

パラメータ「口 開閉」と「口 変形」が作成できたので、結合させます。
パラメータ「口 開閉」の左側にあるマークをクリックして「口 変形」と結合します。

パラメータの結合

結合した状態でパラメータを動かして不自然な箇所があれば調整してください。

サンプルアニメーション

今回の作業で作成したパラメータのサンプルです。

sample_gif

タイトルとURLをコピーしました